やわらかダイニング 口コミ

やわらかダイニングの口コミ・評判D

やわらかダイニング 口コミ,やわらかダイニング 評判,やわらかダイニング クーポン,やわらかダイニング お試し,やわらかダイニング 宅配

 

 

親の介護がはじまるまでは
ほとんど料理なんてした事が
なかった。

 

 

大学入学と同時に上京して
一人暮らし生活が長かった
けれど・・・・

 

 

カップラーメンやスーパーの総菜
外食ばかりで食事を自分で自炊
する事なんて考えた事がなかった。

 

 

だけど、親が高齢になり
自分の仕事にも限界を感じて
田舎に戻って介護をする事になった。

 

 

持ち家もあるし畑があるから
現金収入はそこまで必要ではないけれど
契約社員の仕事も見つかった。

 

 

慣れない親の介護をしながら
契約社員の仕事と畑の管理は
結構大変だった。

 

 

だけど、
それなりに体力もあったので
何とか続いていた。

 

 

でもそんな中で、
一番苦労だと感じたのが
食事の用意。

 

 

介護食の準備がつらい

 

 

介護でいちばん戸惑ったのは
親の為の食事の準備だった。

 

 

親は嚥下障害による誤嚥が
あったから柔らかく食べやすい
食事を作る必要があった。

 

 

でもそもそも、
きちんと料理をする事すら
なかったし・・・

 

 

さらに、
薄味だけどおいしく
栄養バランスが取れて
見た目も美しい。

 

 

そんな食事を毎食三食
介護をしながら作らなければ
ならなかった。

 

 

はじめは1食作るのに1時間ぐらい
かかった。

 

 

その後、
食器や鍋やミキサーなどの調理器具の
後片付けも必要で・・・

 

 

結局、
ホッとする暇もなく次の食事の
準備をする暇が無い。

 

 

だけれど、
手を抜いたり適当に作ると
途端に食べる量が減って
残されてしまう。

 

 

「こんなに自分が
親のためを思って手間暇かけて
作った料理を食べてくれないなんて・・・」

 

 

そんな風に、
親に対してイライラする気持ちが
募るようになってしまった。

 

 

そのうち食事回数も
3食作るのではなく、
朝と夜の2食だけ作り
昼食は高栄養ゼリーなどを
渡すだけになった。

 

 

だけれど、
それだけれはやはり栄養が
足りないようで・・・

 

 

体調が優れない日が続き
血液検査の結果は栄養失調と
診断された。

 

 

もう自分の中でも
慣れない食事の用意をし続けるのが
限界になってしまい・・・

 

 

ケアマネージャーに
相談したところ、
「宅配のお弁当などを
りようしてみたら?」
とアドバイスをもらいました。

 

 

そのなかで、
誤嚥などに対応している
「柔らか食」というものを見つけ
試してみる事になりました。

 

 

そうしたら、
自分が用意していた食事とは
比べ物にならないくらい喜んで
食べてくれました。

 

 

まあ、プロの栄養士が献立を考え
プロの調理師が美味しく料理した
食事の方がおいしいに決まってますよね・・・

 

 

そこは納得して、
もう食事に関しては
宅配食を利用する事に
しました。

 

 

いろいろな宅配食を取り寄せて
体調や気分に合わせて出してあげるので
親も飽きずに食べてくれています。

 

 

こんなことならもっと早く
利用すればよかったと思います。